うつ病の原因をチェック【心に抱えた悩みを解消しよう】

根気よく治してもらう

ナース

どのような原因であれ、うつ病は精神科や心療内科で治していくことになります。自宅から継続して通えるようなストレスにならない範囲にある病院を選びましょう。そして、患者の精神状態や原因を理解してもらえる良心的な医師に相談することが大切です。

頑張り屋さんに多い

男性

うつ病の原因は人によって異なります。精神科や心療内科でのカウンセリングで原因を探ってみましょう。頑張り屋さんに発症が多いため、適度な息抜きを見つけることが病気の緩和に有効的です。また、再発のないように息抜き方法を探ってみましょう。

心の病気を改善する

婦人

根気よく向き合うことが大切

うつ病の原因としては、現在の科学でも把握しきれない部分が多いですが、主に過度のストレスによって引き起こされると言われています。ストレスとしてもさまざまな原因があり、人間関係のトラブルや身近な方の死、金銭関係、環境の変化、仕事によるものなどが挙げられます。これらの心に直接負荷がかかってしまう原因以外にも、体の疲れ、ホルモンバランスの異常などでも引き起こされるとされています。体の変化によってうつ病が引き起こされてしまうのは、心と体に繋がりがあると考えられているためとなり、逆に心が不安定の場合は、体にも異常をきたしてしまうこともあります。うつ病になってしまうと、よく眠れなくなったり、食欲がわかなくなったりすることが初期症状の主なものとして挙げられます。初期症状としても人によって異なってきますが、睡眠障害の症状が現れ、眠れなくなる他にも眠り過ぎてしまうというものもあります。初期症状の場合は、ほとんどの方が日常生活に支障をきたすことはあまりありませんが、症状が重くなるにつれて日常生活に支障をきたしていきます。うつ病の症状が重度になってくると、自分の身体を傷つけてしまったり、自殺願望が強くなってしまったりすることがあります。そのため、初期症状の段階でなるべく早く病院で診療してもらう必要性が出てきます。うつ病は精神科や心療内科で診てもらうことになりますが、他の病気と同様に病気の症状や考えられる原因などを聞かれることになります。問診をされた後には詳しい診断を得るために、脳波を見たり血液検査をしたりすることになります。これらの検査を行ってうつ病かどうかを断定し、治療方針を医師が決めていきます。うつ病の治療としては、薬の服用からスタートし、十分に心を休める環境を整えることになります。薬の効果としては、1ヶ月でうつ病の症状が回復する方もいれば、半年以上かかってしまう方もいます。人によっても効果が異なっていきますが、焦らずゆっくり治していくのがうつ病の治療の基本となります。場合によっては薬を服用する量が増えてしまいますが、症状が回復していくにつれて徐々に減らしていくことになります。

早めの治療を心がける

カウンセリング

うつ病の原因は明確なものはありませんが、精神面に関して強い影響を受ける状況や精神面が不安定になりやすい状態が続くと、うつ病を発症する場合があります。精神面のケアや身内である家族のサポート、症状を改善していくために医療機関での治療も大切です。

発症に気付くことが大切

ハート

現代社会は便利になった一方、人々が抱えるストレスも増えています。うつ病を発症する原因はストレスだといわれていますが、ストレスの基準は人によって違います。原因不明の体調不良が起こったら、体ではなく心の病気を疑いましょう。

うつには個人差がある

医者

うつ病を改善させるためにはカウンセリングや薬物療法はもちろんですが、根本的な原因を解消しなければなりません。一人で抱え込むのではなく、信頼できる人に頼ったり、病院に通院して自分に合った治療を受けたりすることが必要です。