うつ病の原因をチェック【心に抱えた悩みを解消しよう】

  1. ホーム
  2. 発症に気付くことが大切

発症に気付くことが大切

ハート

原因を知って対策を練る

現代社会において、うつ病を患っていると推定される人の数は大幅な増加傾向にあります。最大の原因と言われるのが、精神的な苦痛、ストレスだと言われています。ここ数十年で社会は大きく変化し、より便利に、楽になると思われた世の中の仕組みや技術が、職場での仕事の複雑さや、ネット上での犯罪を生みやすくなりました。また、仕事の面でもより多くの情報を処理できる仕組みが構築されたことによって、仕事が早く終るようになったものの、進行そのものが早くなったこともあって、仕事量そのものが減ることはなく、総じて一定期間に処理される仕事の量は増える結果になっています。更に、業務のグローバル化によって、仕事の相手は国内のみならず海外に広がったことから、言葉の問題で大きなストレスを受ける場面も多くなりました。このような社会の中にあると、どんなに健康な人でもストレスを感じるものです。過度なストレスを受け続けることによって、その影響は心に現れます。それがいわゆるうつ病です。うつ病の原因はストレスだといわれていますが、ストレスの基準は人によって異なります。仕事や家庭での対人関係など一般的なものもあれば、結婚や出産のようにはたから見れば喜ばしい出来事でも、人によっては環境や自身の体の変化についていけず、うつ病を発症することがあります。また、痛みや痒み等を伴う肉体的苦痛も、うつ病の原因の一つとなります。肉体的苦痛が長く続くと、それは次第に精神的な苦痛に変換され、ストレスを与えることになります。自分の病気そのものや、家族とのことで悩むこともあるでしょう。肉体的苦痛は、的確な治療を行うことで根治することや、かなりの緩和を見ることができるため、精神的苦痛になる前に原因を取り除き、うつ病の進行を防ぐことが可能です。原因はわからないけど体調が優れないという人は、心に問題があるのかもしれません。自分の体や心の変化によく目を向けて、うつ病の発症を防ぎましょう。うつ病は自分自身ではなかなか発症に気付けない病気なので、家族や同僚など互いによく観察して、変化を見逃さないようにすることが大切です。